« 新年のご挨拶 | トップページ | 賃貸ドットコムからのお願い »

2006.03.02

生活保護の「家賃」、自治体が家主へ直接支払いも

生活保護の「家賃」、自治体が家主へ直接支払いも

この「代理納付」制度の導入は、賃貸業者にとっては吉報です。

生活保護を受けている中のごく一部の家庭の問題ではありますが、
家賃分をパチンコなどのギャンブルに使ってしまい、
数ヶ月滞納した上に、夜逃げしてしまい、行方を追おうにも
プライバシーの問題とかで役所も頼りにならないので、
家主が泣きをみる事例が多々あります。

家主も自衛のため、「役所が直接家賃を振り込んでくれるのなら、
部屋を貸してもいい」というが、これまでそれはできなかった。

4月から制度が始まるので、福祉事務所に確認し、
確実な話として、家主に説明し納得してもらえれば
今まで難しかった物件の客付けも容易になるかもしれません。

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 賃貸ドットコムからのお願い »

コメント

私たち仲介業者は、ほんとに吉報ですね。

初めまして。はじめて、コメント書きました。
キャリア薄なので、このブログはかなり勉強になっています。

ありがとうございます。

投稿: 街の不動産屋 | 2006.04.13 08:29 午前

大阪でも代理受領が可能でしょうか。
初めて投稿いたします。

投稿: 町の不動産業者 | 2006.04.28 12:39 午前

代理受領は東京都でも出来ているのでしょうか。出来ないというのを役所の担当者からよく聞くので・・・・。

投稿: やえもん | 2006.05.19 04:48 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年のご挨拶 | トップページ | 賃貸ドットコムからのお願い »